ベーカリーアドバイザーの部屋

難解な製パン理論を、楽しく解説。 どうして??と思ったらのぞいてみて下さい

Q1 本を見ていると、色々なレシピがあり過ぎて迷ってしまいます。 これは絶対旨いというレシピはありますか?

いきなり出ましたね~!!  究極の質問が (笑)

そんなものはありません (笑)

レシピは確かに沢山ありますねー!! 迷いますねー!! ですから、あまり見ない事です。

そもそも、よーく見ると大した違いはないのです。  パンのレシピなんて、大体同じ材料を少しだけ割合を変えているにすぎません。

このブログは、具体的なレシピや作り方を伝授するものではありません。

なぜなら、すでに沢山ありすぎて、もうお腹いっぱいって感じだからです。

パンの美味しさは、レシピではないのです。 作り方です。

よほどの事が無い限り、まずいパンのレシピは無いと思います。

パン屋さんのようなパンが家で焼けないのは、レシピでも設備でもなく、作り方なのです。

それ位パン作りは難しいとお考え下さい。

このブログでも、ほんの少しだけ基本となるレシピは公開してはいきますが、お解かり頂きたいのはレシピは教えられますが、作り方の実技は教えるすべがないという事です。

あくまで実技は、ご自分で試行錯誤していくしかないのです。

私はこのブログを通して、みなさんに美味しいパン作りの ”理屈” を説明しています。

美味しいパンとはどういうパンを指すのか? どのように作れば美味しいパンになるのか?

それらを出来るだけ解かり易く、かつ理論的に解説しようと考えています。

パン作りは ”感性” です。

ですから、あせらず、あきらめず、投げ出さずに、じっくりと自分の作ったパンと向き合う事で、何が悪いのか?どうすれば理想に近づくのか? きっと答えが見えてくると思うのです。

頭で解かっていないと、身体は動いてくれません。

美味しいパン作りの理屈が頭で理解できれば、必ず手がそのように動いてくれるものです。

色々なレシピを試すのではなく、一つのレシピを完成させて下さい。

あなたが考えて、あなたが作る、究極のレシピを・・・・・





このカテゴリーに該当する記事はありません。