ベーカリーアドバイザーの部屋

難解な製パン理論を、楽しく解説。 どうして??と思ったらのぞいてみて下さい

美しいバタールのクープとは?

代表的なフランスパンであるバタール。

専門店以外のお店では、バタールなのかバゲットなのか解らないフランスパンがよく売られています。

長さや重さやクープの本数も、お店によってまちまちですね!

本来のフランスパンとは、いわゆるフランスで作られているハード系のパンの事を指します。

フランスでは、フランスパンを形や生地重量によって名前を分けています。

例えば、細長いフランスパンはバゲットと呼び、日本語に訳すと ”杖”と言う意味になります。

バゲットの生地重量は350gで、クープは6本以上です。

バタールはバゲットと同じ生地重量ですが、長さが少し短くなり、クープは3本になります。

よくお客様から、バタールはバターが入っているの?・・・

などと聞かれたりしますが、そうではなくて ”中間”という意味になります。

短いフランスパンと長いフランスパンの中間という意味ですね!

日本では、このバタールが最も多く作られており、バタールの事を指して、フランスパンと呼ぶ傾向があるようです。

形も重量も配合もクープ本数も、お店によって少しずつ違うようですが、それは別に構わないと思います。

しかし、本物を知ると言う意味で、ここではクープについてお話したいと思います。


まずはこの写真をご覧ください


DSCN0991_convert_20110306163809.jpg


DSCN0990_convert_20110306163833.jpg


バタールのクープの写真ですね!

このクープだとこんな感じのバタールになります。


DSCN0992_convert_20110306163908.jpg


いかがですか?

一見揃っていて見事なバタールにも見えますね(*^_^*)


ではこちらはどうでしょう?


DSCN0972_convert_20110113175629.jpg


好みの問題もありますし、別にクープに興味は無いと言う人もおられるでしょう。

実際のパン屋さんでは、上の写真のようなバタールが実に多いと思います。

下の写真は、本物のバタールを知っている人にしか出来ないクープです。

もしも、本物のクープに興味がおありでしたら、是非チャレンジしてみてほしいと思います。

では興味のある方だけに、クープのコツをお教えします。

上のクープのいけない所はどこでしょう?


1.クープが生地のはしまで届いていない。

2.クープとクープの上下間隔が空きすぎている。

3.2本目のクープが1本目のクープの中間から開始されている。


この3点です。


では、それに注意しながらこの写真を見て下さい。


DSCN0964_convert_20110113175556.jpg


DSCN0965_convert_20110306173656.jpg


どうですか?

クープはきちんとはしからはしへ切られていますね!

クープとクープの間隔、いわゆるかませは狭くなっていますね!

1本目の3分の1から2本目がスタートしていますね!

これが美しいクープのコツになります。

もう少し付け加えると、クープは深すぎてはいけません。

さらに、カミソリは斜めから入れるのがコツです。

さあ、専門店に負けない美しいバタールを焼きましょう。



このカテゴリーに該当する記事はありません。