ベーカリーアドバイザーの部屋

難解な製パン理論を、楽しく解説。 どうして??と思ったらのぞいてみて下さい

これだけはどうしても言いたい(>_<)

まったくどこまで払えと言うんですか<`ヘ´>税金。

いったい私たちは何日お国のために働いていると思いますか? 

健康保険に厚生年金、雇用保険に所得税、更に高額な住民税。

これらはサラリーマンなら、こそっと差し引かれて明細書が渡されます。

また、知らぬ間に引かれていた介護保険。これらは毎月必ず払わされるラインナップですよね。 

その他にも家があれば固定資産税、車があれば自動車税、はたまたお馴染の消費税。 

この消費税などは、例えばガソリンやたばこや酒などは、あらかじめ酒税やガソリン税を払った後の価格に、更に消費税が上乗せされているので、二重苦だったりしますよね。 

なんでこんなに税金が多いのだろう? 

こんなに払わなきゃこの国の家計は成り立たないのだろうか? 

しかし、成り立つも成り立たないも実際には国は大きな借金までしている訳で、まったく税金と言う収入だけでは成り立っていないことは周知の通りでしょう。 

国債と言う物を発行して、国民から更にお金を借りて生計を立てている我が国。 

そしてその借金は、毎年減るどころかどんどん増えているというのですから、これがもし女房の仕事だったら、即離婚ですよね! 

政権が民主党に代わって、これらの台所事情が少しでも好転するかと思いきや、やっぱりダメダメな状態のようで・・・・ 

私たちは選挙で投票する位しか政治に関われませんから、ただただ税金を出せと言われるままに出し続けるしかないのでしょうか? 救世主は現れないのでしょうか? 

実は、こんな計算をしてみました。 

毎月必ず払わされる税金の総額はいくらで、それを払うために何日仕事をしなければならないか?? 

すると、年間100万円を優に超え、私は税金を稼ぐために何と年間72日もお国の為に働いていました。 

72日ですよ(ー_ー)!!

しかもこれから更に消費税が上がりますよね、確実に。 

税金と言っても、健康保険や年金は、その立場になればありがたく使わせてもらうものであるとも考えられますが、あくまで個人の蓄えではありません。 

ですから、現時点においてはただ差し引かれているだけの、別に返済していただける補償などはない税金です。 

72日と言えば、一年の約2割に相当します。 

国民なら、2割くらいは国の為に働くのは当たり前ではないか・・・・そんな意見の方もおられるでしょう。 

むろん私もその覚悟はあります。 

ですから払うことに文句があるわけではありません。 

では何に文句があるのか???? 

それは不公平さに文句があるのです。

私はご存じのようにずっとパン屋で働いてきました。 

パン屋の毎日はトイレに行く時間もないほど忙しく、身内が死んでもすぐに駆けつけることは出来ませんでした。

休日は月に4日もあれば良いほうで、半年以上休めなかった時もありました。 

家族と旅行したという経験は、伊豆に二泊三日した事、ただそれだけです。 

二人の子供の運動会や授業参観にはほとんど出席出来ず、日曜祭日は必ず出勤でしたので、平日に休んでも子供は学校で、どこにも連れて行くことが出来ないでいました。 

パン屋ならではの唯一の特典としては、夏場などの比較的暇な時には夕方早めに帰宅して、子供と近所の公園で遊べること位でした。 

そんな私の当時の年収は250万位でしたから、例え休みが子供と一緒であったとしても、どこにも出かける経済的余裕はありませんでしたが・・・・。 

身も心も早朝からパン作りにささげて、収入はこの程度なのですから、ひどくパン屋を選んだ自分を恨みましたね。 

女房にも子供にも、私がパン屋であることで、どれだけ肩身の狭い思いをさせてきたか・・・・・。 

・・・・で、何が不公平かって?? 

それは、いわゆる公務員待遇で働いている人達と、民間企業の待遇とのあまりの格差について、どうしても納得がいかないのです。 

公務員または公務員待遇の方達と言うのは、皆さんご存じの役所の方や警察や自衛隊などのコテコテの公務員と言うのもあれば、独立行政法人だの財団法人だのと言った○○法人と呼ばれている公務員であって公務員でないような、そう公務員と待遇だけが同じと言うものがあるのです。 

警察やら学校の先生やら自衛隊やらと言う方達は、居なくてはならない、居てもらわないと困る公務員の方達ですよね。 

それでも、待遇だけを見れば民間の中小企業よりもずっといいと思いますが・・・・。 

ここで待遇についてまとめておきますが、私達は基本的に労働に対しての対価として給与をもらっていますよね。

労働には肉体的なものもあれば頭脳労働と言うものもあるでしょう。役所は頭脳労働で、教師は両方でしょうか(*^_^*) 

いずれにしても、何もしないで給与を貰うと言うのは、これは正に給与泥棒ですね。 

しかしですよ、この給与泥棒が実にたくさんいるではありませんか!!! 

特にそのなんたら法人の方々。 

そうです。 あの天下りがどうたらこうたらと言われている法人の事です。 

そんな法人と言うか組織というか、その存在そのものがまったく必要ない存在である法人が、実にたくさんあるのです。 

しかもどれも立派なビルの中に。 

この方たちの何がすごいかと言いますと、まず仕事を探すことから始めるところです。 

出勤したからには何かしていないと暇ですよね。 だから取りあえず仕事を探すのです。 

しかし、探すのはあくまで一般社員だけで、偉いさんは午後出勤で新聞を読んでいるだけだったり、ひどい奴になると一年に何回も出勤しないそうです。 何故そんな人達が給与を貰えるのか? 

そんな財源が出るほど売り上げがあるのか? 

いいえ、それはすべて税金ですから、売り上げなどはまったく関係ない訳です。

つまり、どんな仕事をどれ位の時間行えばいくらの給与になるか?? と言う考え方ではないのです。 

そこに在籍している事、それのみが資格なのです。 

これのどこが労働対価ですか??? 

そんな職場がある訳がない・・・そう思いたいところですが、実にたくさんあるのです。 

こんな職場でも、やらなければならないことがあるのです。 

それは、決められた経費をきちっと使いきることです。 

そうしないと、予算が削られてしまうからです。 

来年もう少し予算を増やしてほしければ、必要なことをアピールすればよいのです。 

国民の血税をただ使いきるために仕事を探すのが仕事・・・???? 

そんな職場なら、誰かが内部から改革してもよさそうな気もするのですが、そうはいかないのです。 

はじめは何とかしたいと言う思いにかられるらしいのですが、結局自分一人が何を言ったところで変わる筈もないと言う事を思い知らされ、長いものにはまかれろ・・・と言う事になる訳です。 

では、そこで働く人達が悪いのでしょうか? 

もちろん悪いとは思いますが、何よりもその仕組みを作った政治がおかしいと私は思うのです。 

しかも、あれだけ改革をと言っていた民主党になっても、何も変わらない。 

変えようとはしたと思うのです。 しかし、このような悪の連鎖は一筋縄ではいかないのです。

悪代官は時代が移り変わっても、どこにでも出現してしまうのですね(--〆) 

ますます税金を一般の人から取らなければならない我が国の台所事情の中、これらのいらない法人が一掃され、その仕事は一般企業に回せば、数百分の一のスピードで終了となると思います。 

しかし一掃できない・・・・。 

もう少しだけ公務員待遇と一般企業、特に中小企業との待遇格差について言わせてください。 

中小企業なら、仕事が出来ない人は残念ながら給与は上がりません。 しかし公務員待遇は、そもそも評価基準がありませんから、完全年功序列で、長くいればいただけ給与も上がります。 

要するに辞めなければいいのです。 

ですから、けして目立ってはいけません。 上司に文句もありえません。 完全服従に耐えられる人だけがそこには存在するのです。 

しかも、退職金が半端ない。 

どんなに無能でも、どんなに仕事をしなくても、大学を出て定年まで勤めれば、1000万円以上は確実に貰えます。

私は20年勤めた会社から200万円貰えましたが、中小ならそんなものではないでしょうか? 

更にすごいのが休日の数です。 

完全週休二日で、有給が年14日、正月休みと盆休みが10日程、その他に病気などになれば数日は休めますし、1時間残業をしたらその分の一時間は別の日に一時間遅く出勤するか早く帰る事が出来ます。 

あげくには子供の育児休暇が1年もいただけるのです。 みなさんどうですか? そんな職場・・・・・。 

嫌な事があっても、たいがいは我慢出来ますよね(--〆) 

一般企業と違って、いくら売上たか?業績はどうか?業務態度はどうか?などという評価がありませんから、何を言われてもただそこにいればいい・・・・と言う考えを持つ人も出てきて当然です。 

特に仕事が出来ない事を自覚している人は、転職なんてとんでもありません。 

私は思うのです。 

どうして汚い・きつい仕事をした人にはそれなりに、地域・教育・研究などに貢献した人にはそれなりに、出勤しても新聞を読んでいるだけが仕事で、下の者の意見をつぶすだけが仕事のくそじじいには、それなりどころか北朝鮮の強制収容所送りにでもしてやることが出来ないのか? 

大体、最近はそれでも少しは良くなってきたとは思いますが、役所にしても図書館にしても免許センターにしても、その他諸々の公務員の方達の愛想の無さ! 

全てが機械的で、時には上から目線、もしマクドナルドがあんな接客をしていたら、今頃潰れていますよね! 

マクドナルドは行かなくても済むけれど、住民票は取りに行かない訳にはいかない訳で、まったくいつも腹立たしい思いをしています。

皆さんはいかがですか? 

お役所仕事はいつでも時間がきっちりと決められていて、むしろお客である我々の方がそれに合わせなければならないなんて、超むかつく<`ヘ´> 

みんな解っている事なのに変えられない・・・・ 

これは、つまりこちら側の人間の言い分と、あちら側の人間の言い分がある限り、どこまでいっても変わらないのかもしれませんね(--〆) 

民主主義であるがゆえの問題でもあると思います。 

最後に付け加えますが、もちろん公務員の方々の中には立派に仕事をしている人もたくさんいらっしゃる訳で、それを税金泥棒などと言っている訳ではありませんので誤解のないように。 

世の中の不公平なんて、他にもたくさんありますよね。 

私だってキムタクのようにもててみたかった(*^_^*) 

しかしそれは、とうてい叶わぬ事。 

しかし、税金の問題は叶わぬ事ではないはずですよね。

う~ん・・・しっかりしようぜ、日本人よ~ 

本当の無駄はそこにはないんだぜ、蓮舫さんよ~ 

今こそ知恵を実行に移してくれよ、学者さんよ~ 

誰が総理になれば良いかではなく、今まさに必要な英知を集結する時でしょうよ、政治家さんよ~

他人の評価ばかりしていないで、自ら動けよ、評論家さんよ~ 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sizuasa.blog44.fc2.com/tb.php/204-210a24fe
該当の記事は見つかりませんでした。