ベーカリーアドバイザーの部屋

難解な製パン理論を、楽しく解説。 どうして??と思ったらのぞいてみて下さい

実践で役に立つ知恵を届け続けたい・・・

こちらのFC2ブログを利用させていただいて、なんと9年が経ちました。


はじめの記事を、ちょうど9年前の9月に書いていたということを知り、「10周年でもないのに、なんて中途半端な・・・」とも思ったのですが、大きな仕事の転換期に差し掛かったこともあり、また、年齢的な悩みも現実味を帯びてきたなかで、今一度このブログに掛ける思いを整理しておきたいと感じたのでした。

そもそも、製パン理論というものを解説するなどという研究者めいた発想がよく浮かんだものだと、我ながらにしてその身の程知らずを恥じたい気持ですが、それもこれも元を正せば「書籍では難しい表現が多すぎることで、現場で働くパン屋さんには伝わらないのではないか?」とか、「ホームベーキングの書籍では逆に簡単すぎるイメージが先行し、本当の難しさが蔑ろにされていることが多いのではないか。」と感じたからで、日頃から ”なんで” とか ”どうして” という子供じみた疑問が払拭できないと前へ進めないという私の性格から体験して得たことを伝えたほうが、現場で活かされるのではないかと考えたからなのでした。

ブログを始めた当初は当然のことながら質問などは来ませんでしたので、一般的にあまり知られてはいないかもしれないが、意外と重要なポイントというのを中心に書いていましたが、徐々に質問がくるようになって、「そうか、やはりその部分がうまくいかないのか~」という現場の声を聴くにつけ、こんな自分の今までの実体験でも、伝えていくことで改善されることはたくさんあるはずだと考えたのでした。

先日何気なしにブログランキングという項目に目がいき、チェックしてみた所、趣味というジャンル88,000ブログの中で89位、クッキングというジャンル5,200ブログの中で3位だということで大変驚きました。

思えば随分と多くの方々とパンについて語り合って来たわけですが、そんな中でも新しい記事を書くとすぐさまチェックして拍手をしてくださる長年のお付き合いの方、そして定期的に状況を報告してくださる戦友の方々、そして少なからず ”役に立ったよ” とか ”いつもありがとうございます” とわざわざお礼や感想をメールして下さる方々、そんな方々の応援があってのことであると心から感謝しております。

たまにですが、専門家とか研究者を名乗る方々からご指摘を受けることがあります。

科学的根拠にのっとっていないとか、間違ったことを書くなというような内容のことが多いのですが、残念ながらそれらは間違った解釈だと言わざるを得ません。

そもそも私は一パン職人なのであって、科学者ではありません。

それが証拠に、このサイトでは一切の科学的データは用いてはおりません。

すべて私が 「そう感じて実行して成果のあったもの」を述べているのであって、科学的にどうかということは私には関係ありません。

そして恐らく、このブログを参考にされているであろうごく一般的なパン愛好家の方々にとっても、正規の理論データなど何の役にも立たないでしょう。

理論というだけで怖気づいてしまう人も多いと思いますが、要はいつものパン作りの中で「なぜこうなってしまうのか」ということが知りたいのであって、それを知ることで「ならばこうしてみようか」という発想が生まれるのだと思うのです。

本当の理論データからすれば間違いに見えるようなことでも、現場の環境や設備などによっては反対の現象が現れる・・・なんてことも多々あります。

残念ながら私が良かれと思って行ったアドバイスも、現場の環境によっては全く効果を表さない場合も数多くありました。

職場の数だけ、職人の数だけ別々の理論が存在するんだなと改めて感じているところであります。

アクセスが増えて、質問が増えてくることは嬉しいことではありますが、相変わらず挨拶もお礼もなし・・・なんてことも同時に増えてきて悲しい気持ちになることもありますが、支えてくれる方々がいらっしゃる限り、どこまでも誠実に、そして飽くなき探究心でチャレンジして行きたいと思っています。

どうぞこれからも長いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sizuasa.blog44.fc2.com/tb.php/511-0b398692
該当の記事は見つかりませんでした。