ベーカリーアドバイザーの部屋

難解な製パン理論を、楽しく解説。 どうして??と思ったらのぞいてみて下さい

国内産小麦でパンは作れないの?

小麦粉はそのほとんどが外国からの輸入に頼っていますが、日本には小麦は無いのでしょうか?

日本でも外国ほどではありませんが、小麦は生産されています。 しかし、パンを作るには上質な強力小麦が必要なのです。 その点日本の土壌では強力小麦の生産は難しく、中力もしくは薄力小麦しか取れないのです。

中力小麦は、うどんやそば用として、薄力小麦は菓子として使われています。

勿論中力小麦でもパンは作れますが、食パンのようにふわっとしたパンには向いていないのです。

小麦が豊富に取れる国ではパンが主食であり、日本はお米文化であることから、本来他国の食べ物であったパンを食べる習慣はありませんでした。それが戦後驚くべきスピードで普及して、今日に至っていますが、パンの作り方や文化も原材料である小麦も、すべて輸入だったんだと改めて感じます。

狭い島国日本において、食料自給率が低く、輸入食品に頼らなければ食べるものが無くなってしまうという事は周知の通りですが、まさにパンはその代表食品であるといえます。

誤解の無いように付け加えますが、国内産小麦で作るパンの店も少なからず存在していますよね。

そこでは、どっしりしたパンが主体ですが、どれもパンといえば立派なパンです。

ただ、ダブルソフトや芳醇などのソフトな食パンは難しいという意味ですので、誤解のないように!







4 Comments

ぽん says...""
朝さま、こんばんわ(^^)ノ

本文とは少しずれた質問ですが、
ダブルソフトの名前が出てるので、こちらにコメします。

ヤマザキの薄皮クリームパンなんですが、
あれって、どうしてあんなクリームパンができるのか!?
いつも食べる度に悩みます!!!
クリームの水蒸気を逃す穴もないし、切り目もないし、クリーム自体はむっちゃ柔らかいし、、、
パン生地も口切れがよく、クリームがはみだしたりしないですよね。
あれは、薄力粉もブレンドの、過発酵で焼いてるのかな、、と、朝さまの製パン論をいろいろ読んでるうちに、そう思うようになったんですが(正解かは不明)
その他のことは全く分かりません!

家で、作れるとは、全く思ってませんが、
理屈だけでも知っておきたい。
でないと、なんだか気持ち悪いんです(≧≦)


ps。計量は、きっちり丁寧にします(反省)
2013.07.30 00:30 | URL | #- [edit]
しずかな朝 says..."ぽんさんこんにちは"
反省した・・・と言う事ですので、お答えいたしましょう。

解りません(ー_ー)!!

ごめんなさい、そのパンを知らないのです。

この際ヤマザキに電話してみたらどうでしょう!!

解ったら教えてください。

それから、薄力粉を入れて過発酵で焼くとは、これまた随分勉強されてますね(笑)

何の事は無い、焼いた後から注入していると言う可能性もありませんか?
2013.07.30 09:25 | URL | #- [edit]
あひる says..."興味があったので調べてみました"
横から失礼します。
ちょっと調べてみたら、そのクリームパンの材料がわかります。糊の成分が結構入ってます。

菓子パン原材料名:フラワーペースト、小麦粉、糖類、卵、ショートニング、パン酵母、脱脂粉乳、食塩、発酵風味料、加工デンプン、乳化剤、糊料(増粘多糖類)、保存料(ソルビン酸K)、酸味料、イーストフード、V.C、香料、着色料(カロテノイド、V.B2)

ですから、糊の成分を添加したクリームの原料を冷たく固めておいて、餡パンの様に包んで焼き上げているだけではないでしょうか。

クリームコロッケの製法に近いかも。
クリームの味のする餡パン?

パンにも色々あって、それぞれの需要に合わせて作られているのだなと感心します。
2013.07.30 11:43 | URL | #- [edit]
ぽん says...""
あひるさん、凄い!!(★▽★)
糊成分がクリームに入ってるから、
パン生地の中ででれ~~~んと型崩れをおこさなくなるんですね!?
やっぱ、クリームパンってクリームが柔らかくないとおいしくないじゃないですかぁ。
でも、ぱんに入れ込むクリームを柔くすると、引力に負けて、ホイロ後にはむっちゃ平べったくなってて、ぶちゃいくちゃんなんだよねぇ。。。(〒▽〒)
でも、家庭で糊料ってないから、
クリームを作るときに強力粉を入れて、いっぱいかき混ぜてグルテンを出す!とか、有効かな?(@@;
朝せんせ、どう思われます?

とりあえず、成分表示も、解析出来る能力も必要だって思いました。



2013.07.30 15:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sizuasa.blog44.fc2.com/tb.php/6-c0b8e89d
該当の記事は見つかりませんでした。