ベーカリーアドバイザーの部屋

難解な製パン理論を、楽しく解説。 どうして??と思ったらのぞいてみて下さい

私はパン作りが難しいとは思いません。 色々なパンを作りますが、そんなに捏ね方や温度を気にせずにやっています。駄目でしょうか?

なにをおっしゃるうさぎさん!

ぜんぜん構いませんよ!!

作る人と食べる人がよしとするなら、それで何の問題もありません。

ただ、人間は欲深い生き物です。

もっと美味しいものを・・・・とか、もっと食べる人に感動を・・・・・とか、より上を目指したがる物です。

また、完成品の品質にやたらとこだわる人も実にたくさんいるのです。

同じ料理でも、これはひどいと言う意見と、これはいけるという意見は人それぞれで違いますし、つまりは味覚や視覚は人により実に様々であると言う事なのです。

自分で作った物に自信を持つ事は、物を作る上での最重要ポイントだと私は思っています。

ですから、細かい事は気にせずに、楽しみながら作っていただくのがベストであると考えます。

しかし、これが売り物だとなると全然話が違ってきます。

この場合は食べる相手、つまりお金を出して購入してくれる人が、旨いと認めてくれなければ二度と買ってはくれません。

ですから、何がいけないのだろう?   どこがいけないのだろう?と考え、研究に研究を重ねて、より多くのお客様が認めてくれるようなパンを作らなければならないのです。

パンは、自分と自分の家族や友人だけで作って食べるというレベルが、一番楽しめるのです。

なまじ人にお裾分けをし、美味しいから是非今度は売って下さい・・・・などと言われて、引き受けて作ったら、いつものようにはいかずに、とんでもないパンになってしまったなんてこと、経験がありませんか?

特に家庭でのパン作りは、5~6個作るからうまくいくのです。

これが、何人かに頼まれていきなり数十個も作ろうとすると、発酵させ過ぎてへんてこなパンになってしまうのです。

要するにパン作りと言うものは、色々な種類をたくさん作ろうとすれば、それなりの技術と設備と段取りが必要になりますが、家庭で楽しむレベルなら、別に特別難しい形に作る必要が無いわけですから、楽しみながら、かつあまり考え過ぎずにどんどん作ってみればよいのです。

たくさん作れば作るほど、色々な理屈も身に付き、様々な応用がきくようになってくるものです。

どうかこれからもたくさん作ってくださいね!



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sizuasa.blog44.fc2.com/tb.php/70-97ef90cb
該当の記事は見つかりませんでした。