ベーカリーアドバイザーの部屋

難解な製パン理論を、楽しく解説。 どうして??と思ったらのぞいてみて下さい

あんパンが冷凍出来るなんて・・・・・・

あんぱん、クリームパン、チョコレートパンなどのいわゆる菓子パン。

その菓子パンの中でも、パンの生地の中に具が入っているパンについて、今回は説明していきます。

そうそう・・・・ちなみにカレーパンなどの甘くない具が入ったパンも基本的には同じですからあしからず・・・

まずは前回説明したように、どのようなパン生地でもパン生地自体はすべて冷凍出来ますね。

では、餡やクリームはどうかというと、これも前回説明したように、ほとんどが冷凍保存する事が出来ます。

ということは、これで冷凍出来ると言う事は解ったのですが、どのようにして食べれば味を損なわずに食べる事が出来るのか・・・・と言う事を考えなければなりませんね。

一般的に多く行われる食べ方としては、冷凍されて凍っているパンを皿に乗せ、ラップをしてチン・・・ではないでしょうか?

しかし残念・・・・・この場合、パンの生地は30秒もあれば解凍してしまうのに対して、餡は数分かかってしまうのです。

パンがホカホカで、わ~い!!・・・と言って食べようと思ったら、中身が冷たくてガックリ!!

今度は、餡が暖かくなるまで数分チンしたら、パンがしわしわで食べられない!!

そうなのです・・・・パン生地と中身の解凍時間が違う・・・・これが、菓子パンを冷凍しても美味しく食べられないという最大の原因となっているのです。

では、オーブントースターではどうでしょうか???

オーブントースターでは、もっと残念なことにパン生地は焦げても、まだ中身が冷たい・・・な~んてことになってしまうのです。

ではでは・・・・どのようにして食べれば美味しく食べられるのでしょうか????


それは、時間はかかりますが、自然解凍するのです。

パンをしっかりビニール袋もしくはラップ等で包み、室温に置いておくのです。

そうすれば、買ってきた時とほぼ同じようにしっとりした食感で食べる事が出来るのです。

さらに、しっかり解凍した後に、レンジで30秒ほど温めれば、ホカホカのあんパンを食べる事が出来ます。

しかし、本来は餡やクリームやチョコなどの甘い具材というのは、少し冷やして食べたほうが、しっかりと美味しさを感じる事が出来るのです。

ですから、例えばカレーパンなどの甘くない惣菜系の具材の場合は、しっかり自然解凍をした後にレンジで少し温めて食べるというのが最良となる訳です。

少し冷たい方がいい・・・・というなら、室温ではなく冷蔵庫で解凍してはいけないのか????

これは、いけない訳ではないのですが、冷蔵庫だと今度はパン生地がパサつく原因になるのです。

室温で解凍したあんぱんと、冷蔵庫で解凍したあんぱんは、すぐに食べればあまり違いは感じないでしょう。

しかし、解凍したパンが残って、残りは明日食べよう・・・・となった時に、室温解凍の方はしっとり感が長持ちしますが、冷蔵庫解凍の方はややパサつくと思います。

その程度の違いですが・・・・(^_^;)

冷凍保存と一口に言っても、冷凍そのものはただ冷凍庫に物をしまうだけで冷凍保存できますね。

問題は、どのように解凍して食べれば、一番おいしく食べる事が出来るのか・・・という事になりますので、食品を冷凍保存する時に重要なのは、

・・・・・・解凍方法を考えて冷凍する・・・・・・

と言う事が大切なのです。







このカテゴリーに該当する記事はありません。